「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > あの人に会いたい

あの人に合いたい

生きることは、出会いと別れの繰り返しです。誰でも、忘れることのできない出会いがあったことでしょう。
会えなくなってしまった人に、もう一度会ってお礼を言いたい、謝りたい。消息のつかめない友人に会いたい。学生時代にお世話になった先生はどうしているだろう。初恋の相手にもう一度会いたい。生みの親を一目見たい。など「あの人にあって見たい、今どこにいるんだろう?」「今頃どうしているのだろう?元気なのかな?」ということがあると思います。
そのような時に知っておきたい、ノウハウのいくつかをご紹介します。

インターネットで情報集めインターネットで情報を集め

インターネットの検索サイトで検索すると運がいい場合は手がかりとなる情報を見つけることができます。
最もラッキーな例だと探している人のブログが出てきたなんてこともあります。通常そのような幸運は稀なことですから、出身校や出身地、ニックネームや昔勤めていた会社など、思いつく限りのキーワードで検索してみてください。
また、最近はSNSを利用するという方法もあります。SNSとは、ソーシャルネットワーキングサービスの略で、人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型のWebサイトです。
趣味、居住地域、出身校、あるいは「友人の友人」といったつながりを通じて新たな人間関係を構築する場所です。
このSNSというものは、人を探す際、非常に役に立ちます。 ただし、探している相手がミクシィを利用していることが条件になります。

データベースを使いこなすデータベースを使いこなす

電話帳や地図などの一般データベースを使ってみるのも良いです。 ゼンリンなどが出す地図は個別に世帯名と番地が載っていますので、手がかりがあれば見つかるかもしれません。
電話帳を利用して調べる場合は電話帳ソフトを利用するかNTTのインターネット番号検索サービス「エンジェルライン」を利用すると逆引き機能が利用できるので便利です。

公開して情報収集公開して情報収集

新聞の人捜し欄やインターネットの同窓生探しやご近所探しのようなサイトを利用して情報を収集するのも手です。
そこで寄せられた情報を元にデータベースなどで探していきましょう。

▲ページの上へ戻る