「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > 一刻を争う事案

未成年の家出や高齢者の失踪など事件事故に巻き込まれる可能性の高い場合は一刻も早く見つけてあげることが必要です。家出や行方不明の場合は事件や事故に巻き込まれる可能性が高まります。以下のような場合は、一秒でも早く対応したほうが良いでしょう。

遺書・書置きのある失踪

遺書、書置きに命に関わる重要な内容が書かれていたら、迷うことなく警察や消防などの行政機関に届けを出すのはもちろんのこと、探偵社をはじめとする民間機関や各種ボランティア団体など思いつく限りのところに依頼や強力要請することをお勧めします。

高齢者の失踪

高齢者の失踪の場合も遺書、書置きになどの書置きのある場合と同様に、早急に依頼や強力要請する必要があります。特に痴呆がある場合は宿泊をすることなく徘徊することとなるので、対応の遅れは取り返しがつかない事態を招く可能性が高まります。

多重債務者の失踪

残されたものから消費者金融やクレジットの督促状が複数見つかると多重債務が原因の失踪と判断と考えても間違いないでしょう。多重債務者の失踪は「借金自殺」につながる失踪と俗に言う「夜逃げ」とに分かれれます。
生活費需品他の身の回りのものの多くがなくなってない場合は自殺の失踪の可能性が極めて高いため1秒でも早い対応が必要です。

心神耗弱状態での失踪

うつ病をはじめとする精神疾患の場合は行動パターンがなく、高齢者の失踪と比べ体力もある行動範囲が広いため捜査が非常に困難になります。少しでも手がかりになりそうなものをできる限り多く集めることが重要になります。
手かがりは時間がたつほど見えなくなりますから警察、消防に届けをだしたり探偵社に捜査依頼をすると同時に、少しでも手がかりを集めてください。

未成年の家出

未成年の家出は場合によって事件に結びつくことがありますが、多くは失踪という形で帰ってこなくなります。この場合は携帯電話でいつでも連絡が取れる場合が多く安心感から探さないことが多くあります。
しかし電話が止まったり、電話番号が変わったりすると一気にパニックになります。早い段階で探し出して家出の根本を解決することが重要です。

ペットの失踪

大事な家族の一員である愛犬・愛猫が家出をしてしまったら。
「ご飯はどうしてるんだろう?」「雨・風にうたれてないか?」「交通事故に遭ってないか?」など心配の種は尽きません。動物とはいえ、自分の子どもの一人がいなくなってしまったと同じことです。

ご自身が飼っているペットがいなくなってしまったら、一日も早い捜索を行なうことが大事です。

家出人捜索願について

家族や親類などが家出や失踪をした場合、まずは最寄の警察署に捜索願を提出することが望ましいといえます。本人の意思や、保護者などの承諾がないのにも関わらず住居地を離れ、その所在が明らかでない人を、警察では「家出人」として扱っています。

●捜索願を提出できるのは、以下の条件に当てはまる人物です。
1.保護者
2.配偶者(夫または妻)
3.その他の親族
4.家出人を監護している者

●『家出人捜索願い』の届出は、最寄りの警察署又は交番・駐在所のどこにでも届出をすることができます。

『家出人捜索願い』の届出を出す際に必要な主な情報は以下をご覧下さい。
・家出人の本籍、家出時の住居、氏名、生年月日、職業
・家出の日時及び原因・動機
・家出人の人相、体格及び着衣
・車両使用の有無(使用していれば、車両のナンバ−)
・その他参考となる事項

▲ページの上へ戻る