「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。

個人の評判、会社の評判など風評調査は他人から見た対象者の心象なので数字に表れない情報が多く優良な情報となります。風評調査は聞き込みによる調査なりますので労力と時間が掛かります。

噂(うわさ)風評調査

人間関係が希薄になった現代では 人との付き合い方・人間関係によるトラブル・悩みが増大しています。特に近所付き合いでの、ちょっとした事から仲間はずれにされたり「噂」をたてられたりします。「噂」は次第に広がり、自分自身への苦痛はどんどん大きくなります。ひどい場合は、ノイローゼやうつ病などになってしまう方もいます。自分で疑心暗鬼におちいり、実際にはどれほどの事が起きているかはわからず、その思いだけが大きくなっていくようです。

先ずは、問題の根源の大きさやどれほどの「噂」等があるのかを、現実的に確認して対処しなければ解決には至りません。

自己評価調査

異性・同性・知人からの自己評価調査
・行好意を持っている相手からどう思われているかが気になる
・コンパ・親睦会など出会いの場での出会いがない
・特定のグループ・クラス・サークルの中でどう思われているかを知りたい
・交際相手の両親からどう思われているか調べたい
・恋人の友人たちからどう思われているのかが気になる
・なぜか出会いがない
・なぜかフラれてばかりいる

第三者からの自己評価調査
・悪い噂を風潮されている気がする
・就職採用試験や企業面接を何度受けても採用されない
・面接に落ちてばかりいる
・職場でどう思われているかが気になる

採用活動における風評調査

近年、就職活動において、学生は口コミ掲示板、SNS、ブログなどから企業情報を収集し、学生同士で活発な情報交換をしています。情報の真偽に関わらず企業のマイナス情報は短期間に広がり、企業イメージの失墜につながります。その結果、不人気企業イメージのレッテルが貼られ、エントリーの減少、面接辞退、内定辞退など、企業の採用活動に大きく影響します。

就職活動アンケートによると、学生が就職口コミサイトや掲示板、ブログなどのネット情報を収集する割合は高まっており、学生が企業を選択する際に、ネット情報を重視していることがわかります。

▲ページの上へ戻る