「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > 金銭・信用調査

金銭・信用調査は、対象者が実際に「どこにどれだけの借り入れがあるのか?」といった金銭借入調査と、対象者と「金銭の貸し借りを行っても充分に返済する見込みがあるのか?」といった信用調査を一緒に考える必要があります。

取引相手の信用調査

取引の相手が本当に信頼できる相手なのか、本当に十分な支払い能力がある相手なのかを把握しておくため、 定期的に取引先会社の状態や財政状態はチェックするように心掛けましょう。

金銭借入調査

個人の場合は、対象者の債務状況を調べる場合は住宅ローンやマイカーローンと、消費者ローンを分けて考える必要があります。消費者ローンの多くは、10%を超える金利のため、有利子負債が資金を圧迫し用途を限定させるので、信用を著しく落とすことが考えられます。そのため、消費者金融やクレジットカードなどを中心とした調査が必要となります。

信用調査

個人の場合は、対象者の債務状況を調べる場合は住宅ローンやマイカーローンと、消費者ローンを分けて考える必要があります。消費者ローンの多くは10%を超える金利のため、有利子負債が資金を圧迫し用途を限定させるため、信用を著しく落とすことが考えられます。そのため、消費者金融やクレジットカードなどを中心とした調査が必要となります。

貸し倒れの予防(人物像)

お金を貸すべきではない人物は、以下のような傾向があります。
次の条件に当てはまる人にお金を貸すと、高い確率で返済は滞る可能性があります。

普段、付き合いの無い友人・知人に、突然訪問され、お金を貸すように依頼された。
周りの人に多数の借金をしている。
返済期日を明確にしない。
借用書や金銭消費貸借契約書の作成に応じない。
月末になると、頻繁に借金の依頼をしてくる。
短期間に何度も借金の申し入れをしてくる。
住所や勤務先を転々としていて、場所に定まっていない。
名義貸しで、消費者金融よりお金を借りることを依頼される。

▲ページの上へ戻る