「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > お子さんの調査

素行調査といえば、すぐ浮気調査を思う人は多いと思いますが、「子供の行動がおかしい。」「従業員が変だ。」「ライバル企業の営業の動向が知りたい。」など、その調査内容は多岐に渡ります。そんな各種ノウハウをご紹介します。

お子さんの行動がおかしいと思ったら早めに原因を突き止めるべきです。そのままにしておくと、次第に外泊したり非常識な行動をとることもあります。こうなるとお子さんは話も聞いてくれなくなる可能性もあり、最悪の場合は事件や事故に巻き込まれることもあります。

携帯電話を調べる

お子さんの携帯電話は情報の宝庫です。電話帳から友人が分かりますし、履歴を見れば誰と一番仲がいいかすぐ分かります。メールでは関心があることや友達・彼氏とのやり取りがわかり、データフォルダにはその写真があるはずです。この他カレンダーや予定表などありとあらゆる情報が凝縮されています。ただし、携帯電話を見たことがバレるとすぐにでも家出をする可能性があります。自分で調査する場合はバレないことを最優先に調べてください。

PC(パソコン)を調べる

チャットやSNS、掲示板などネットの時間が長いお子さんの場合は携帯電話よりPC(パソコン)のほうを調べたほうが効果的かもしれません。履歴でいつもアクセスしているサイトを常時チェックするところから調べ始めると良いでしょう。

手帳や日記帳を調べる

携帯電話などに取って代わられたとしても、いまだに手帳や日記をつけている子はいます。一度、手帳や日記帳などがあるか探してみることをお勧めします。

尾行をしてみる

調査の基本は尾行です。最終的に結論を出すための情報は尾行をしなければ集まりにくくなります。学校が終わった後に校門から尾行するのが良いでしょう。

▲ページの上へ戻る