「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > 盗聴について

電話にノイズが入る、家の中の会話を知られている・・・。盗聴行為は、ストーカーにも発展するおそれがあります。おかしいなという心当たりがあるのなら、一度調べてみる必要があるかもしれません。
しかし、ただ盗聴器を発見するのではなく、仕掛けた相手や理由についても明らかにすることが大切です。

「盗聴」と言う問題

「盗聴」と言う問題は、非常に根が深いもので、一言一句に細心の注意が必要です。実際、一般認識の「盗聴」と、実際に行なわれている「盗聴」とではその認識に「ズレ」が生じていることが多々あります。この「認識のズレ」が、「盗聴」と言う問題を複雑にしています。
言い換えれば、この「認識のズレ」が、盗聴問題の被害者を増やしている一因といえます。

盗聴の定義

まず、盗聴と傍受は別物です。また、会話の内容を聞かれていたからといっても、それは盗聴ではありません。盗聴とは、「本人以外の者が、その人の同意を得ず勝手にマイク等の器具を用い、又は仕掛け、その人の会話を聞く、又は録音する行為」と定義します。

盗聴の現状

旧来は家屋に侵入、屋内の様子を直接盗み聞く方法が取られていましたが、無線機器の小型化・高性能化に伴って、それらを用いて盗聴する様式「無線盗聴」が一般的となっています。
また、物音に反応して録音開始するテープレコーダー等の記録機器も用られる事もあり、窓ガラスなど物体表面の振動をレーザー光線で計測して、その振幅を変調・音声として出力させる技術も実用化されています。
盗聴器は、通信販売や専門店等の店頭で販売されており、簡単に手に入れることができます。私的な趣味や個人的な愛憎関係や怨恨で、これら機器を購入した個人が、他人の家屋やホテルなどに設置して回っているケースも多数報じられています。また、世の中には盗聴マニアと呼ばれる趣味で盗聴を行う人もおり、彼らが賃貸住宅やホテルに盗聴器を設置するケースもあります(多くの人は無線盗聴器から垂れ流される電波を傍受するのみです)。

盗聴・盗撮の目的

盗聴器、盗撮器(盗撮カメラ)はインターネットで気軽に、安価に購入できます。そのため、ごく普通の人が盗聴や盗撮を行うケースが急増しています。主に、家庭内の不倫調査、企業内の動向調査、ストーカー行為が挙げられます。 また、盗撮は、自宅外で被害に遭うケースもあるので注意が必要です

盗聴・盗聴の目的と設置場所

盗聴の目的 設置場所
・恋愛・結婚・離婚トラブルにまつわる情報収集
・財産相続等の金銭トラブルにまつわる情報収集
・浮気調査
・ゆすり・恐喝目的
・空き巣狙い
・コンセント内部・外部
・電化製品内部
・照明器具
・プレゼントものの中
・ドアポスト
・パソコンまわり
・電話回線・電話機 など
盗撮の目的 設置場所
・女性の着替えや用を足す姿を撮影するため
・浮気調査
・侵入・空き巣のための情報収集
・監視目的
・暗証番号の盗み撮り など
・自宅の浴室・寝室・リビング
・スーパー銭湯・温泉の脱衣場及び浴場
・プール・スポーツクラブ・海水浴場の更衣室
・カラオケ・ファーストフード店等のトイレ
・デパート・駅等のトイレ
・ATM・貴重品ボックス
・ロッカー・試着室 など

ストーカーによる盗聴の場合

ストーカーによる盗聴の場合、単なる自己満足から相手への脅迫行為まで様々です。また当人の性格によっては、帰宅した相手にわざわざ「今帰ったの?」などと声をかける電話を入れ、一種の自己顕示行為に及ぶケースもあります。そのような不審電話があった場合は「盗聴されているかも?」と疑ってみるべきで、専門の調査をしてくれる探偵や調査会社にお願いすることも考えてもいいかもしれません。

▲ページの上へ戻る