「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > 盗聴器の発見と除去

盗聴器の発見は専門家にまかせることが通常ですが、自分でも見つけることは可能です。
(コンセントボックス内に仕掛けられた盗聴器は感電の危険があるため、取り外すならば専門の電気工事業者に依頼した方が無難です)
また発見された盗聴器は、盗聴を行っている者の重要な物証であるため、設置者の指紋等を保全するため極力触らず、捨てたり破壊せずに警察に相談するべきでしょう。

条件による探索

盗聴器の発見は専門家にまかせることが通常ですが、自分でも見つけることは可能です。
(コンセントボックス内に仕掛けられた盗聴器は感電の危険があるため、取り外すならば専門の電気工事業者に依頼した方が無難です)
また発見された盗聴器は、盗聴を行っている者の重要な物証であるため、設置者の指紋等を保全するため極力触らず、捨てたり破壊せずに警察に相談するべきでしょう。

目視による探索

普段視界に入らない物陰、電化製品内部のわずかな空洞を目視で探索する方法です。周囲の音を観測し電波発信するタイプの盗聴器は実際に集音できる位置に設置する必要がある為、小型ではあっても目視で発見できる場合もあります。

受信による探索

市販されている盗聴器が発する電波はラジオ等で受信できる帯域を使用している場合も多い事から、実際にラジオで聞いてみて探索する方法です。 数値でラジオ帯域を切り替えるタイプではなく、つまみを回して微調整できる昔ながらのラジオを使って探索したほうがよいでしょう。

電波探知機による探索

電波探知機を使って盗聴器から発信される電波を辿って盗聴器を発見する方法です。
実際には電磁波の強弱を測定する装置で盗聴器だけでなく通常の家電製品等から発せられる微弱な電磁波にも反応してしまう為、使い手の判断に大きく依存する部分もあります。
最も発見率が期待できる方法ですが、探索者の判断力に依存してしまう以上、専門家に依頼するのが望ましいでしょう。

▲ページの上へ戻る