「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > 盗聴に関わる法律

無線通信を聴く傍受だけでは違法ではありません(ただし、第三者に漏洩した場合は罪になります)。
また、贈答品または貸与品に盗聴器を仕掛ける手口(トロイの木馬の盗聴版)の違法性は、無許可での無線送信をしていない場合は刑事罰になりません。
余談ですが、ホテルやアパートで壁にコップを当てて隣室の話し声を聞く行為自体は、法規制の対象とはなりません。

住居侵入罪

盗聴器を設置する為に、許可無く他人の住居等に侵入すると抵触する可能性があります。
住居侵入罪は、正当な理由がないのに、人の住居など(人の住居若しくは人の看守する邸宅、建造物)に侵入した場合に成立します。法定刑は3年以下の懲役、または10万円以下の罰金です。未遂も処罰の対象になります。

窃盗罪

他者からの電気供給(盗電)による盗聴器機能の持続すると抵触する可能性があります。
電気は形を持ちませんが、刑法245条により特別に財物とみなされています。財物とは、有体物(固体・液体・気体)を指します。
窃盗罪を犯した者は、刑法235条により、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処せられます。

恐喝罪

傍受した内容を利用して「脅し」や「ゆすり」を行うと抵触する可能性があります。
刑法249条により、人を恐喝して財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処されます(財物恐喝罪)。
前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とします利益恐喝罪、二項恐喝罪)。

ストーカー規制法

尾行や盗聴などの行為でつきまとうと抵触する可能性があります。
規制対象となる行為は、公権力介入の限定の観点から、恋愛感情に関するものに限定されます。

親告罪で、罰則は6か月以下の懲役、または50万円以下の罰金です。警察は警告書による警告ができ、この警告に従わない場合、都道府県公安委員会が禁止命令を出すことができます。命令に従わない場合には1年以下の懲役または100万円の以下の罰金となります。

有線電気通信法

電話回線を通じた通信(有線電気通信)を傍受し、その秘密を侵すと抵触する可能性があります。 「有線電気通信法」は、有線電気通信の設備や使用についての法律で、秘密の保護や通信妨害について規定されています。また、平成14年には「ワン切り」に対する罰則(第十三条の二)が盛り込まれました。

第十三条
 有線電気通信設備を損壊し、これに物品を接触し、その他有線電気通信設備の機能に障害を与えて有線電気通信を妨害した者は、五年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処されます。
第十三条の二
 営利を目的とする事業を営む者が、当該事業に関し、通話(音響又は影像を送り又は受けることをいう。以下この条において同じ。)を行うことを目的とせずに多数の相手方に電話をかけて符号のみを受信させることを目的として、他人が設置した有線電気通信設備の使用を開始した後通話を行わずに直ちに当該有線電気通信設備の使用を終了する動作を自動的に連続して行う機能を有する電気通信を行う装置を用いて、当該機能により符号を送信したときは、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

電気通信事業法

電気通信事業者が取り扱う通信の秘密を侵すと抵触する可能性があります。

第四条  電気通信事業者の取扱中に係る通信の秘密は、侵してはならない。
 2 電気通信事業に従事する者は、在職中電気通信事業者の取扱中に係る通信に関して知り得た他人の秘密を守らなければならない。その職を退いた後においても、同様とする。

第百七十九条  電気通信事業者の取扱中に係る通信(第百六十四条第二項に規定する通信を含む。)の秘密を侵した者は、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
 2  電気通信事業に従事する者が前項の行為をしたときは、三年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。
 3  前二項の未遂罪は、罰する。

電波法

規定以上の強さの電波を使う無線通信を郵政大臣の免許無く行うと抵触する可能性があります。特定の相手に対する通信を傍受し秘密を侵すと抵触する可能性があります。
第百九条  無線局の取扱中に係る無線通信の秘密を漏らし、又は窃用した者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

▲ページの上へ戻る