「夫や妻の行動がおかしい」「誰かにつけられて困っている」など…、悩みがある場合は早期対応しないと問題が大きくなるばかりです。
探偵ガイド【DTmap】HOME > 盗聴器の種類

現在の盗聴器は様々なものが売られています。盗聴されている可能性があるなら、家の中で不審なものや最近自分以外が取り付けたものなどを調べてみましょう。

電話の盗聴

非常に小型で、五百円硬貨並みのサイズの盗聴器や電話のモジュラージャックを模した盗聴器まで販売されています。非常に簡単に設置することが可能で一度設置されてしまうと電話線から電力を確保できる為、半永久的に盗聴され続ける可能性があります。通話中にしか電波を発信しない盗聴器もあり、電波探知機での探索で見落とす場合もあります。

周囲の音を盗聴

高感度のマイクを内臓した小型の盗聴器や、家電製品(コンセントのタップなど)や文房具を模すことで堂々と設置できる盗聴器があります。壁や物陰に設置して電力を電池に頼る盗聴器は、電池の補充をしなければ一定期間(盗聴器によって異なる)で機能が停止します。延長コードやコンセントのような電力供給に関わる製品を模した盗聴器は随時電力を得る事ができる為、半永久的に盗聴され続ける可能性があります。

盗聴器の設置場所/半永久発信

室内灯 室内灯その物の裏側に設置されているケースが多く、グローランプタイプの偽装品もあります。
主に室内灯の電源を使用するタイプで、盗聴器・盗撮器共に設置事例が多いです。
置時計 電源を必要とする置き時計の偽装品で、盗聴器・盗撮器共に設置事例の多いタイプです。
コンセント コンセントの裏側に設置されているケースが多く、その他三つ叉ソケットや延長コードの偽装品も多く出回っています。
保安器 一般家庭には、電話の引き込み線は電線から入ります。その電線の行き先は各家庭にある保安器です。保安器は落雷による火災や、電話機の破損・人的被害を防ぐための機器で、電柱から家までの延長線上にある外壁に取り付けられています。
この中にあるヒューズの偽装品(ヒューズ型盗聴器)が電話盗聴で最も多く使われます。手の届く程度の高さに保安器が設置されていれば、部屋の内部に進入しなくても容易に外部からの設置が可能です。対策としては、他人がフタを開ければわかるような印を付けておくなどの対策が必要です。

盗聴器の設置場所/時限タイプ

花瓶 来訪者による設置の可能性が高いのが現状です。設置される場所としては、花瓶の中や底が大半です。
絵画 来訪者による絵の裏側への設置が考えられます。
ぬいぐるみ プレゼントとして送られる品物なら、その内部への設置が考えられます。
掛け時計 短時間の盗撮のために設置されるケースがあります。
引き出し内部の奥や、机の裏側など、陰になる箇所への設置が考えられます。
換気扇 盗撮目的のためにビデオカメラなどを設置される事があります。
エアコン 高い位置にあることから、オフシーズンでエアコンを使用しない季節であれば、何かを仕掛けられても目立ちません。このため、盗聴器や半永久的盗撮カメラを設置されるケースが良くあります。
新聞受け アパートやマンションを始め、玄関に郵便受けがあるような一戸建ての場合、部屋の外からでも仕掛けることのできる場所として使われる場合があります。また、防犯レンズを外から15度の角度で見渡せる「逆防犯レンズ」もある事から、ドア周りにはよくよく注意が必要です。

▲ページの上へ戻る